シリウスで作成したサイトにパスワードをかける方法

シリウスで例えば会員サイトなど
パスワードをかける方法について解説します。

ロリポップやエックスサーバーなど
管理画面から簡単に設定できるサーバーもありますが、
今回そのようなサービスのないサーバーを利用されてる場合に有効な方法です。

今回の方法は、「ベーシック認証」を設定する方法となります。

それには、htaccessEditorという無料サービスを利用すると重宝しますので
以下よりまずはそちらへアクセスしてください。

⇒htaccessEditorはこちらから

それでは、シリウスで作成したサイトにパスワードをかける方法について
順を追って説明していきます。

WS000000

■htaccessEditorでの作業手順

先ずはSTEP1から説明します。

①赤枠部分「ベーシック認証をクリックします。

②青枠部分「ユーザー名」とパスワードを設定します。
これは指定のサイトへアクセスする場合のものとなりますので、
忘れないように保管しておきましょう。

③青枠部分スグ下の「.htpasswdを作成」というボタンをクリックします。

④黄色枠部分にの欄に暗号化された文字がでますのでコピーしてメモ帳に貼り付けます。

⑤メモ帳を、「.htpasswd.txt」という名前にして適当な場所に保存し、
それを指定の目的のサイトがアップしてある場所(FTP内)にアップします。

そしてアップした「.htpasswd.txt」というのを名前の変更で、
「.txt」部分を削除し「.htpasswd」に変更します。

次にSTEP2の作業になります。

①上の画像の緑枠部分に目的のサイトのフルパスを入力します。

この場合フルパスとはFTP内に記載してあるもの
一般的には「/public_html/」から始まりますが、これはフルパスではないので注意してください。

フルパスを調べるには例えば
ロリポップの場合管理画面にログインし
「アカウント情報」をクリックするとフルパスが記載されているページに行けます。

下の画像の黄色枠部分がそうです。

WS000001

80codeの場合、
/var/www/home/サーバーID/public_html/

となります。

例えばサイトのURLが
http://www.aaa.com/の場合でしたら

/var/www/home/サーバーID/public_html/aaa.com/.htpasswdと
htaccessEditorのページSTEP2緑枠内に記述します。

②htaccessEditorのページSTEP2紫枠内にタグが表示されますので、
これをシリウスの「.htaccess設定」にコピペしてアップロードします。

その手順も説明しておきますね。

1、「歯車のマーク」をクリックします

WS000002

2、「.htaccess設定」をクリックします。

WS000003

3、赤枠部分にhtaccessEditorのページSTEP2紫枠内に生成されたタグをコピーして貼り付けます。
OKのボタンをクリックしてアップロードすれば完了です。

WS000004

サイトへアクセスしたら
初めに決めておいたIDとパスワードを入力する事でログインする事ができます。

これでシリウスで作成したサイトにパスワードをかける方法は終わりです。

コメントは受け付けていません。